« Guatemalaが今夜8時~テレビ愛知で! | トップページ | 世界一周組が続きますね »

2010年4月27日 (火)

自転車で世界一周☆

雨ですね〜ASUKAですrain

でも母のお庭の緑cloverがとてもきれいに生き生きしていたので、雨もたまにはいいのだろうな〜とお日様大好きな私は思いました。

さて、今日のGlobal Line。自転車で世界一周旅行をしている伊東心さんとメキシコシティーでお電話が繋がり、彼の素敵な旅の話を聞かせていただきました。もう既にバックパックで世界の様々な国にまわられたということでしたが、

「点と点を結ぶのではなく、線で結ぶことで、世界をもっと身近に感じたかった」

というのが、この自転車での一周旅行をしようと思ったきっかけだったそうです。それにしても、自転車で横断する世界旅行。一番興味深かったのは、サハラ砂漠のお話。な、なんと、アスファルトがあるとか?!びっくりでした 笑。

そんな伊東さんは2005年からこの旅を始めて、来年には終わるという風におっしゃっていましたが、次の行き先は私が今一番行きたいと思っているグアテマラ、そして、南米。いいですよね〜heart01自由に色々なところに飛び回っている(乗り回っている)姿を想像するだけで、なんか世界の風が感じられる、、、そんな素敵なGlobal Lineでした。

伊東さんはブログもやっていらっしゃるので、ご興味のある方たちはこちら

RADIOi出演のPRもブログでしていただきました〜ありがとうございます!

そして、こちらのサイトもおすすめです→心の旅

Kokoro

※勝手ですが、心さんのサイトから写真をお借りしました〜☆グエレロネグロを出発する前の写真だそうです


そして、今日のゲストコメンテーターは愛知教育大学の久野さんでした〜shineメイントークでは、新しい言葉「キー・コンピテンシー」 (Key Competencies)がとても印象的で、久野さん曰く、これは3つに区分されます。

①基礎的な知識や技能を身につけること
(ようするに頑張って勉強するということ)

②他者と協力しながら、問題を解決し、新しい知識を見つけ出す「コラボレーションの力」
(collaboration)

③身につけた知識を活用し、仲間との関わりを通して、自分の人生を切り開いて行く力
(applyすること、application)

なるほど〜、、、学校や教育だけではなく、なんとなく全てに共通するって思ったのは、私だけでしょうか?

私が修行しているヨガの世界でもそうなんですが、ヨガや古代知識だけ身につけても、全くの頭でっかちになってしまう。だから、実際に体験したり、その知識を実践することがとても大事で、それがないと本当のヨギ(Yogi=ヨガをやっている人のこと)とは言えないと。

やはり全ては繋がっているんだな〜というのが、今日のMorning Liveのテーマだったような気がします。

気候も寒かったり、暑かったり。天気も晴れたり、雨だったりと、差が激しくて体調を崩しやすいと思いますので、皆さんも気をつけて下さい!私もしっかりと栄養、睡眠を取って、早く風邪を治しま〜す!confident

Posted by radioi | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157199/48197399

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車で世界一周☆:

コメント

ASUKAさん、おはようございます。radio-i開局以来、ずっと聴いています!
さて、今回の放送で9時頃のトピック、愛知大学と豊田工業大学の協定のお話し、久野先生の海外の事例紹介なども含めて、リスナーの皆さんにもとってもよい情報だったと思います。
実は私、県内の私立大学に勤務する者ですが、この愛知県内でもほぼすべての大学が単位互換協定に参加して、学生がいろいろな大学の講義を受講しているんですよ!
もちろん、今回のトピックとの違いのようなものもあります。この2大学間の協定は、お互いの長所を生かした、専門店でお買い物ができるようなもの。県内の単位互換協定は、各大学が特徴的な科目をいくつか選んで開放して受講できる、いわば百貨店のようなものです。そのため、理系の大学による高度な内容の講義もあれば、芸術や宗教、文学や語学などの知識教養をテーマ別に学べる講義もあります。そして、番組コメンテータの南山大学・山岸先生の科目も開放されているんですよ。大学間の行き来はタイヘンですが、積極的な学生は本当に楽しく参加していただいているようです。

投稿: メグム | 2010/04/28 7:37:09

アスカさんですか、そろそろ辞めてくれませんか?
ココロさんの時の比べて番組の質が下がりすぎです。

局内で録音保存しているであろう 5/12 07:50-08:00 の放送内容を聞き直して下さい。

鵜飼いは「漁」です。鮎を飲み込ませて吐き出させる興行じゃありませんよ。動物愛護団体からクレームが来ないか心配だとかメチャクチャ言ってないでください。
そんなにアメリカの事が気になる山岸とアメリカ言って番組やってください。

鵜飼いを知らない人(そもそもあなたは日本人なのですか?)がラジオやってるのかと信じられない思いです。

山岸とタックを組んだ日は、さすがに聞いてられなくて選局を変えました。
試験放送の頃からずっと貴局を聞いてたんですがねぇ
1月の再編が残念でなりません。

投稿: リスナー@名古屋 | 2010/05/12 8:29:09

メグマさん、
ブログの書き込みありがとうございます。ずっと10年間聴いていただいているということですが、嬉しいです~!ありがとうございます。

愛知県やこのミッドランドの地域では、実は日本を先走る最先端な試みがよく行われているのですが、そういう意味でも、きっとメグマさんのおっしゃっている大学間の単位互換協定は素晴らしいことですよね?確かにあっちにいったり、こっちにいったりと大変かもしれませんが、様々のよい先生方の授業やセミナーが受講できるのは、非常に生徒さんとしても、また教える側にしても、プラスになることばかりなような気がします。教育というものには昔から一番興味をもっているため、こういうお話を聴くと嬉しくなります。

また、生の感動がこのブログの書き込みを通してお聞きできたことも嬉しく思っています。ありがとうございます。そして、今後とも、RADIO-i、そしてMorning Live、よろしくお願い致します!

投稿: ASUKA | 2010/05/31 11:14:59

リスナー@名古屋さん、
コメントの書き込み、また厳しい指摘もありがとうございます。1月のはじまり当初からお聴きいただいているということですが、まだ生放送のたどたどしい頃から見守っていていただき、ありがとうございます。

海外生活が長かったため、まだまだ日本の文化のことを知らないところも多く、色々と学んでいるところですが、日本の方でも鵜飼のことを知らない方も少なくはないと思います。このような伝統文化が少しずつなくなってきているのは、日本だけではなく、世界的な問題にもなっていますが、そういうものを世界の視点から、また世界へと発信ができるように、日々努力しています。その中で、海外の視点をも取り入れることは、決して悪いことではないと思っています。

また、山岸さんも非常に勤勉で素晴らしい方なだけではなく、多くの生徒さんに支持されている素晴らしい先生でもあります。色々な大変な思いをされ、日本の方ではまだ数少ないアメリカの博士号というものを取得して日本に戻って来られたことは、日本にとっても、また将来のこの国民にとっても宝だと思っています。

私達はアメリカを支持しているのではなく、アメリカやほかの国の情報を正確に伝えることで、より日本がよくなり、リスナーの皆さんのためになるのではと思ったトピックを取り上げさせていただいています。

お気に召しているようでしたら、申し訳ありませんが、今の番組は非常に楽しくやらせていただいています。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

投稿: ASUKA | 2010/05/31 11:26:03

私も編成で朝の時間がガックリした人です

>海外生活が長かったため、まだまだ日本の文化のことを知らないところも多く、
>色々と学んでいるところですが、日本の方でも鵜飼のことを知らない方も
>少なくはないと思います。

何か勘違いされてませんか。
あなたは公共の電波に声を乗せて喋る仕事の方ですよ。

スタジオ入りしてから本番開始までの間に、その日の台本の読み合わせとか、やってないんですか。
鵜飼いの話題があって、それが何か知らないのなら、先にスタッフに聞くなりインターネットで軽く調べておくなり、それくらいは常識でしょ。

あと、海外と電話しているのですが、相手の話を聞き終わってから喋り出してください。
タイムテーブルのことばかりが頭にあって、相手の喋ってることをロクに聞き終わらずに話の腰を折ったりとか、明らかに普通じゃないです。相手に失礼です。

素人以下の言葉で、私も仰天してます。
あなたに足りないのはプロとしての自覚ですよ。
政治的には中立になりなさい。私論は挟まないでください。
政治的な私論は10人の味方を作ると同時に10人の敵を作ります。

あなたの声が公共の電波に乗っていて東海地方に拡散していることを自覚してください。

投稿: なごやん | 2010/06/03 8:32:43

コメントを書く